そぷる2

急遽こちらに移転することになりました。 過去ログは消え去りましたが…心機一転、また1から作り上げていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きみにきゅんとか

愛しい君の可愛い仕草にきゅんとして
可愛いキミの愛しい顔に一目惚れて
大好きなきみを喪った悲しみ埋めようとして
埋まらぬ隙間にきみへの想い深くなる


きみにきゅんとか
きみがきゅんとか
ちいさなきゅんが重なって
そうして僕らは恋をした

焦がれて焦がした
短い、恋だった

愛しい君の可愛い仕草にきゅんとして
大好きなきみの仕草に似てるとふと気づく
可愛いキミの愛しい顔に一目惚れて
大好きなきみの面影探し出す

きみにきゅんとか
きみがきゅんとか
きゅんとしたきみにきゅんとか
僕らのきゅんが重なって
君にキミがきみと僕の間をすり抜け
僕らは二人で旅立つ予定だった

それなのに
僕は今もまだこの世にいて
きみが遺してくれた
君にキミに
きみを重ね涙を零す






お題提供:【碧蝶】http://75.xmbs.jp/ZaffiroFarfalla/よりありがとう!の7題
  1. 2011/01/26(水) 21:33:39|
  2. poem
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みじかいしなら

もしも死を選べるなら
短い刹那を死に逝くより
長い永久を死に逝きたい

短い死なら唄を歌い
長い死なら詩を唄おう

短いフレーズを君へ届けよう
短い詩をアナタへ送ろう

短い詞なら愛の唄にしよう
どうせ消え逝くのなら
とびっきりの愛を囁こう

唄子よ詩子や
君へアナタへ届けよう
一生に一度の愛のウタ
  1. 2010/12/14(火) 01:08:18|
  2. poem
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かがやき、さからって

キラキラ輝く君があんまりにも眩しくて
僕は背を向けた
君からも 僕からも 全てから

輝く君が僕から遠ざかって
僕はより闇に近づいてゆく

君を僕に引き寄せることも
僕が君に近づいてくことも
叶わないまま
僕は君に背を向けた

穢れた僕は光に背を向け歩いてく

ねぇ、光
君がどんどん輝いてゆくのを見て
僕は嬉しかったんだ
心から、こころから

輝きを増す君があんまりにも眩しくて
僕の醜さに嫌気がさした

ねぇ、光
君はどんどんこれからも
ずっと、ずっと光り輝いていて
君のために、僕のために
君の輝きで僕が消え去るほどに






お題提供:【碧蝶】よりありがとう!の7題
  1. 2010/12/02(木) 13:59:13|
  2. poem
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くさむらのとむらい

君を喪った、永遠に
僕が葬った、永遠に
君の好きな、緑と共に

緑は、縁を結ぶ筈だった 君と僕の
緑は、君と僕の幸せを増やしてくれる筈だった

だけど
緑は役立たず

自分の生きる意味を忘れて
緑はただの女になってしまった

だから
緑は役立たず

君は、そんな緑でも、愛しいと言った
緑も、大好きだよと、君に言った

だけど
緑は役立たず

君と僕の間に産まれ
君でもなく、僕でもない、中途半端な分際で
緑は、一人の女になってしまった

だから
緑は役立たず

君は緑を追いかけて
僕は君を追いかけて
そんな僕を追いかけるのは、一体誰なんだろう

君が、僕以外の誰かを愛しいと、言った
僕は、ただひたすらに君を好きだと、言った
緑は、ただの男を好きに、なった

君は、緑を追いかけて
僕を、独り取り残し
どこへ、行くつもりだったのだろう

君と僕の出会った草むらで
僕は、君に、別れを告げよう、愛してる、と
僕は、緑に、最期を告げよう、もうこれが最期だ、と
そうして、
僕は、僕と、別れを告げよう、この世界にも

真っ赤な涙を零す君と
真紅に染まった雑草と
どす黒く渦巻くこの想いと
全て全て、葬ろう


お題提供:【碧蝶】よりありがとう!の7題
  1. 2010/11/25(木) 14:17:07|
  2. poem
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう、ありがとう。

次回より、【碧蝶】さんの1周年記念お題をアップしていきます。

お題内容は下記の7つ。

くさむらのとむらい
かがやき、さからって
みじかいしなら
きみにきゅんとか
ならばこうすいたる
ほらね、からから
ころんととべないの



お題提供:【碧蝶
  1. 2010/11/25(木) 12:34:05|
  2. poem
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨夜

雨の降る日に
桜は散った
まるで、涙のように
はらりはらりと 舞い散った
  1. 2010/04/15(木) 01:06:11|
  2. poem
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこへもゆかん

心此処に在らず
あなたのトコにも行けず仕舞いの
アタシの心は迷走し
そうして行く宛なく
消え行くだけ
  1. 2009/09/25(金) 12:46:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたがいれば

貴方が居れば
アタシはアタシを保てる
貴方が居なければ
アタシはアタシじゃなかったわ
きっと

貴方が居て
アタシが居て

例え離れていたって
アタシは構わない
この空の下、アナタが存在していれば
それで、いい
  1. 2009/08/27(木) 19:16:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日なんか来なければ良いのに

明日が来なければ良いのに
明日なんてなくなってしまえばいいのに
いつだって
休みの終わりは絶望が押し寄せる


明日なんて
朝なんて
来なければいいのに、ね。
  1. 2009/06/15(月) 00:00:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナタの笑顔見られた暁には
アタシはアナタの傍を離れよう

モウ、アナタが私を必要としないなら
アタシはアナタの傍を離れよう
二度と、アナタが悲しむことのないように

暁の憂いを帯びた表情が
アナタを照らす時
アタシはアナタ想って涙する
アナタがモウ二度と悲しむことのないように
祈りながら
  1. 2009/02/12(木) 07:40:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。